New Schedule


***New Schedule***

2018/9/7
Saltério concert in Musicalmente (Leiria, Portugal)





2018年6月17日日曜日

ポルトガルと日本を繋ぐ "日本二十六聖人"

こちらは学年度末で、今年度の主な授業が終わったところです。
2009年にこちらに住み始めて、同時に職に就いて9年間・・・
ひとつのサイクルが終わりました。

いろいろありましたねぇ〜・・・
そのお陰でと言うか、最近思うことは、自分に対して強くなったなあって(笑)
あとは自分自身が自由になったこと、そして今は自分に面白い!
まだ未知の自分がいるという好奇心(笑)

でもそれもこれも周りの人たちに支えられ守られてるお陰です。

ひとつのサイクルを終えて、神様からのご褒美でしょうか。
今回、国内ツアーで帰国できるというのは!
そして、高校生の時から行きたかった長崎にやっと行けるというのは!

実は、ポルトガル北部で最も大きい街ポルトに、何度か行ったことはあるけれど、
観光らしきことはしたことがなかったので、4月に夫ジュリオと視察がてら行きました。
何を見ようかと調べていたところ、サンランシスコ教会に
日本とモロッコの殉教祭壇画が祀られていることがわかり、
これは絶対行かなくては!と行きました。
そして、それは”日本二十六聖人の殉教図”だったのでした。
その二十六聖人の中にはもちろんポルトガル人、日本人もいます。この日本二十六聖人について知ったのは、この時初めてでした。


その後まもなく、長崎ツアーを企画してくださっているクラブワールドさんから、「平戸にある田平天主堂でコンサートが決まりました!神父さまが是非ジュリオのファティマについての話も聞きたいって言ってます。」と連絡が来ました!
長崎に行けて、しかも教会でコンサートさせていただけるの?!と喜びも倍増に!!!
そして、ところで田平天主堂とはどんな教会?とネットで見た瞬間、”日本二十六聖人に捧げられた教会”という文字が目に飛び込んできました。記念館もあるじゃありませんか!

全て繋がってる・・・!!!
高校の修学旅行で長崎に行けなかったのも、それからずっと行くチャンスがなかったのも、機が熟してなかったからかと納得。

しかもジュリオと一緒に行けることになるとは、これも何か意味があるのでしょうね。
しっかりとお祈りを捧げてきたいと思います。

まだ、この長崎ツアーは若干空いてるそうなので、ぜひ一緒に行きませんか?!
お問い合わせは、こちらから♪ http://www.club-world.jp/201806andersen-nagasaki

あと数日で日本に帰国します。
ぜひ、日本でお会いしましょう!

0 件のコメント:

コメントを投稿